お茶タイム

2009年06月01日

お茶の種類4


お茶には色々な種類がありまし。下記に一部ですがご紹介してみたいと思います。

【番茶】
日本茶の中でも煎茶、緑茶、抹茶等基本的な種類から外れているお茶全般に対して「番茶」と言う様に呼んでいます。ですから地域や品質等色々な意味合いでの「番茶」がある事になります。

また番茶は「番外茶」と言う意味も込められていて、基本的には5種類の番茶として分類されている様ですので、いかにご紹介します。

1.専門用語で言うと「一番茶」と言われている物を番茶と呼ばれていて、基本的に一番茶を摘み取った後に残る遅れ芽を摘み取った物を指しています。

2.三番茶として摘み取るはずの物を摘み取らないでそのまま育成させ、秋に摘み取ったお茶の事を番茶と言う様に分類しています。専門用語で言うと「秋冬番茶」と言う様に呼んでいる様です。

3.専門用語で「頭(かしら)」と言われている茶葉を番茶と分類していて、どういう物かと言うと茶葉を仕上げている工程中に大きな茶葉で扁平しているものを通常の茶葉として切断しないで取り除いておき、それを製品として仕上げた物を番茶と言う様に分類しています。

4.「京番茶」「阿波番茶」等の様に地元で消費される事を前提として作られるお茶で、特殊な製法で作られているお茶を番茶と言う様に分類しています。

5.北海道地方、東北地方、北陸地方等ではほうじ茶の事を番茶と言う様に分類していて、方言となっています。

以上の様に5つに分類されているのが番茶としての意味になっています。


タグ:お茶
posted by お茶くん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。