お茶タイム

2009年08月21日

日本茶を美味しく入れる方法

日本茶を美味しく入れる方法としてのポイントはお茶が持っている持ち味を引き出してあげる事だと思います。以下に挙げてみますので参考にしてみて下さい。

【玉露等を入れる場合】
玉露や煎茶でも上級の煎茶を入れる場合には低温のお湯を使ってじっくり旨みを引き出しながら入れます。これは何故かと言うとお茶の旨味成分であるテアニンが含まれているので、低温のお湯を使う事で渋みを抑えて、テアニンと言う旨味が充分に引き出されるからだと言う事です。

一度使った茶葉を二度目に使うならば、一度目に入れたお湯より少し熱めのお湯を使用します。高温になるとカテキンと言う渋み成分が溶けだしてくる為に残っていた旨味成分とマッチしていい感じの渋みのお茶を楽しむ事が出来ます。

二度使った茶葉を三度使うならばポットに入っているお茶をそのまま使用して、さっぱりとした感じの味わいを楽しみましょう。

【普通品質のお茶を入れる場合】
普通の品質である茶葉を使用してお茶を入れる場合ですが、旨味成分であるテアニンがちょっと少なく、渋み成分のカテキンが多いため、ちょっと高温のお湯を使用して、茶葉に含まれている旨味成分と渋みを合体させる様にしましょう。
一度使った茶葉を二度使うならばポットに入っているお茶をそのまま使用して、さっぱりとした感じの味わいを楽しみましょう。

【ほうじ茶・玄米茶を入れる場合】
ほうじ茶や玄米茶は旨味成分も渋み成分もあまり含まれていない為に、高温でお茶を入れて炒った香ばしさを楽しむ様にしましょう。




ラベル:日本茶 お茶
posted by お茶くん at 03:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。