美味しいお茶を入れましょう お茶タイム

2009年05月14日

美味しいお茶を入れましょう

お茶を飲む時に入れ方一つで美味しさが変わるとしたらどうでしょう?どうせ飲むなら美味しく飲みたいですよね。

下記に美味しいお茶の入れ方をご紹介しますので参考にしてみて下さい。

【煎茶を入れる場合】
先ずお湯を沸かし、人数分の湯呑みを用意します。お湯が沸いたらお茶を入れて湯呑みの8分目辺りまで入れましょう。この時熱湯は入れない様にしましょう。苦みが増してしまいます。そのまま大体70度弱になるまで放っておき、またそのお茶を急須に戻します。
急須にお茶を戻したら2分間位放置して均一の濃さになる様に湯呑みに回しかけましょう。
この時のポイントですが、お茶が無くなる1滴まで注ぎきってください。これはどう言う事かと言うと最後の1滴にはお茶の旨味が凝縮されているからです。

こうする事でコクも有って軟らかい味わいのあるお茶を楽しむ事が出来ます。

【玉緑茶を入れる場合】
基本的な入れ方は「煎茶」と同じです。但し最初湯呑みにお茶を入れて温度を下げる時には75度前後位と煎茶よりは高めの温度で急須にお茶を戻す様にしましょう。

【釜入り茶を入れる場合】
先ず人数分のお茶っ葉を急須に入れて熱湯を注ぎます。そのまま1分間お茶を蒸らしましょう。
お茶の濃さが一定になる様に回しながら入れて最後の1滴まで入れましょう。
煎茶等とは違い、熱湯を使う事で味わいのあるお茶を入れる事が出来ます。

この様にお茶によって入れ方や使うお湯の温度が違う事が分かると思います。

タグ:お茶 美容
posted by お茶くん at 16:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。