お茶の種類5 お茶タイム

2009年05月14日

お茶の種類5

お茶には色々な種類がありまし。下記に一部ですがご紹介してみたいと思います。

【玉露】
高級品と言うイメージがある「玉露」ですが、玉露と言うお茶はどう言う種類のお茶でしょうか?知っていますか?

お茶の新芽が数枚開き始めた時期を見計らい、茶園全体を藁等で覆った状態で20日間程日光からお茶を遮ります。これを「被覆栽培」と言うのですが、こうやって出来たお茶が「玉露」になります。
近年では茶園を覆う時に藁やヨシズではなく、化学繊維で出来た寒冷紗と言う物で覆ってしまう場合も覆い様で、新芽に当たる光を制限しながら育てているみたいです。効果としてはアミノ酸がカテキンに生成される量が抑えられます。こうするとお茶の渋みが軽減されて旨味が引き出される事になります。

玉露と同じ被覆栽培と言う方法で栽培された緑茶で覆っている期間が玉露より短く1週間くらいだけ覆って出来たお茶の事を「かぶせ茶」と言う様に言っています。

【煎茶】
日本人に最も馴染み深くよく飲まれているお茶は「煎茶」ではないでしょうか。煎茶は緑茶の仲間であり一番飲まれている緑茶と言う事になります。

お茶を作る時には茶園にある生茶を摘み取って加工して乾燥茶葉になって製品化されます。この生茶を摘み取った時点から発酵が始まるらしいので、発酵が始まる前に新鮮な状態で熱処理を茶葉に加えることで発酵を止め、この茶葉を蒸したり揉んだりの加工をして作られた物が煎茶と言う事になります。



ラベル:お茶
posted by お茶くん at 16:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。