日記 お茶タイム

2009年06月03日

お茶を使ったレシピ【卵焼き】


お茶の葉を使った料理があるって知っていますか?またはお茶の葉を料理に使ってみたいと思いませんか?

お茶の茶葉を使った簡単な料理のレシピをご紹介します。茶葉の香と苦みが絶妙に出てとても美味しい料理が出来上がると思います。以下にご紹介しますので是非お家で試してみて下さい。

【卵焼き(お茶の茶葉入り)】

《材料》
卵:5?6個
酒:大さじ1
みりん:大さじ1
砂糖:大さじ3
塩:少々
サラダ油:少々

煎茶の茶葉(無ければ好きな茶葉):2グラム
お湯:大さじ3

《作り方》
1.先ずは茶葉を下ごしらえします。茶葉にお湯を入れて蒸らしましょう。

2.ボウルに卵を全部割り解し、サラダ油以外の調味料を混ぜます。更に「1」で蒸らしておいた茶葉も混ぜてよく混ぜ合わせます。
3.お好みのフライパン(出来れば卵焼き専用のフライパン)を用意し熱してサラダ油を引きます。

4.フライパンが温まったら溶き解した卵を入れ、通常の卵焼きを作る様に焼いて下さい。

5.形が出来たら皿に盛り付けて出来上がりです。

ものすごく簡単に茶葉入り卵焼きが作れると思います。卵焼きのふんわりとした優しい味わいに煎茶の香がふんわりと漂います。味わいも甘さと苦さが絶妙にマッチしてアクセントになると思います。

また、煎茶が家に無ければほうじ茶を使ったり紅茶を使ったり抹茶を使ったり色んな茶葉で代用する事も可能です。

こう言った茶葉を使う料理は、あまり無いようで意外とたくさんありますので是非試してみて下さいね。

posted by お茶くん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

お茶を使ったレシピ【お粥】

お茶の葉を使った料理があるって知っていますか?またはお茶の葉を料理に使ってみたいと思いませんか?

お茶の茶葉を使った簡単な料理のレシピをご紹介します。茶葉の香と苦みが絶妙に出てとても美味しい料理が出来上がると思います。以下にご紹介しますので是非お家で試してみて下さい。

【お粥(お茶の茶葉入り)】
《材料》(4人分)
米:1カップ
水:7カップ
煎茶の茶葉:大さじ2
塩:少々
薬味:お好きな物(例えば、三つ葉、かいわれ大根、のり、すりごま、生姜、わさび、柚子等)

《作り方》
1.まずお米を良く洗ってざるに上げておき、水気を切ります。
2.煎茶の茶葉をガーゼ等で包んでおき、口元が開かない様にタコ糸などで縛っておきましょう。
3.お米と、茶葉、水を同じ鍋に入れて中火にかけて煮立たせます。
4.お湯が煮立ったところで、弱火にします。中を見てお茶の色と匂いがしっかり出ていると判断したら茶葉を包んでいるガーゼを鍋の中から取り出します。
5.鍋の蓋をした状態で弱火のまま30?40分ほど炊き上げていきます。
6.炊き上げている最中に薬味を細かく刻みましょう。
7.御飯が炊き上がったら塩を加えて混ぜます。
8.刻んだ薬味を加えて出来上がりです。

茶葉を入れた事によって、綺麗な緑色の御飯が出来上がるし、苦さも調度良く加わります。また薬味もお好きな物を用意すると、自分好みのお粥が出来上がると思います。更にお正月の七草粥の代わりにも適していますので、是非お試しください。

タグ:お茶 健康
posted by お茶くん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

お茶の産地

お茶の産地として知られている場所は何処だか知っていますか?以下に日本で有数のお茶産地をご紹介してみたいと思います。

【静岡県】
「お茶」と言ったら「静岡県」と思い浮べてしまう程、静岡県は日本茶の産地として名高い場所です。それを裏付けるかの様に静岡県は日本茶の生産量も日本で一番を誇っています。
何故静岡県がお茶の産地として有名になったかと言うと、由来があるのです。
聖一国師と言う人が中国の宋より1244年にお茶の種子を日本へ持ち帰り、静岡県郊外においてその種子を植えた事がお茶を栽培する始まりになったと言われています。松尾芭蕉が詠んだ句でも静岡県のお茶に関する句がある事から、昔から静岡県はお茶の産地であった事が伺えたと思います。

30年弱前には静岡県で生産されるお茶は全国の2割弱だったのですが、今現在では全国の4割を占めるなど日本茶大産地として成長を遂げています。

また、静岡県の山間地で生産されているお茶は高品質であると有名になっています。

【鹿児島県】
お茶の生産量、国内第2位は鹿児島県です。
1800年代からお茶に関する生産は行われていたみたいですが、本格的に生産される様になったのは第二次世界大戦後だと言う事です。ちょっと前は全国でも5%位しか生産されてはいなかったみたいですが、今では2割を占めるなど生産が盛んに行われています。
鹿児島県は静岡県と違って平坦な土地で栽培されている事から作業に機械を取り入れるなどして、効率を上げている様です。


タグ:お茶
posted by お茶くん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。